闘うピアニスト パデレフスキ自伝〈下〉

HOME > 商品紹介書籍闘うピアニスト パデレフスキ自伝〈下〉
 
amazon.co.jpで買う

イグナツィ・ヤン・パデレフスキ

メアリー・ロートン 共著

湯浅玲子 訳
四六判/271頁/
定価 本体1,500円+税

 
芸術家は、仕事を続けながら戦場で死ぬべきだ

 度重なる指の不調とスランプ、そして忍び寄る戦争の影。

 人気絶頂にあったパデレフスキを政治活動へと向かわせたものは何だったのか…

 

第10章 聴衆と政治的な迂回

第11章 2度目のアメリカ訪問

第12章 幕間の作曲家

第13章 ロシア演奏旅行

第14章 スイスの家

第15章 最速で上り詰めた頂点

第16章 オーストラリアとニュージーランド

第17章 ピアノへの嫌悪感

第18章 悲しい出来事

第19章 祭りの日

第20章 (補遺章)パデレフスキの生涯

あとがき